Genocide memorial parkに行ってきた

 

 

こんにちは!

 

 

キガリに入って3日目。毎日コーヒー飲んで満喫しています。笑

 

 

というのもタンザニアだとコーヒー飲めるとこがなかなか見つからなかったので、

 

 

一ヶ月の反動が来て飲みまくってます笑

 

 

 

そして今朝、Genocide memorial parkに行ってきました。

 

 

199446日に、ルワンダで起きた大虐殺事件。

 

 

おそらくこの出来事を知っている日本人はほとんどいないかと思います。

 

 

フツ族とそれを支持するフツ族過激派によって、

 

なんと100日間で50100万人のツチ族が殺されたと言われています。

 

 

僕はまだ歴史に関して知識が甘いので、この出来事について深く言及することは出来ませんが、

 

伝えたいのは現在のルワンダの発達レベルが凄すぎること。

 

 

たった20数年でここまで人々の生活が変わってしまうのかと来てみて驚きます。

 

 

 

[TOPIC]

 

[ルワンダの変遷]

[所感]

[課題]

 

 

もともとはベルギーの植民地だったが、1962年に独立。

 

66年から始まった経済再建計画により、最貧国からアフリカの模範的国家に。

 

しかしこの頃からツチ族に対して、フツ族による排他的な政策は行われていた。

 

そして都市化の進展や、コーヒー価格の大暴落などにより、

 

貧富の差は拡大。両民族の和解政策は採られつつあったものの、1987年にはウガンダに流れていたツチ族系難民によりルワンダ愛国戦線(RPF)が結成。

 

1990年以降、ルワンダ復帰を掲げるRPFと政府による紛争が勃発。

 

経済低迷や政情不安に加え、RPFによる侵攻で、当時の大統領は和解政策を改め、

 

反ツチのイデオロギーを掲げる。そして94年四月にルワンダウガンダの両大統領が殺される事件が起き、

 

暴徒化した政府とフツ族は、ツチ族の虐殺を行う。(ルワンダ虐殺)

 

しかしRPFが再度侵攻しルワンダ全土を掌握したことで収束し、フツから大統領を、

 

RPFから副大統領(現大統領ポールカガメ)を出し新政権が発足。

 

2000年には大統領が辞任し、そのままカガメ副大統領が受け継ぐ形に。

 

紛争時に海外へ逃れていた人々 (ディアスポラ)が戦後、ルワンダに復帰し、

 

それぞれ習得したスキルで国家の発展に尽力。

 

21世紀に入ると、年間成長率7%前後と、近代化によって急速な発展に成功し、

 

アフリカの奇跡と呼ばれている。ICT立国を掲げ、普及・整備に力を入れており、

 

IT国家となっている。またアフリカのシンガポールと呼ばれ、

 

環境美化を強化しており、キレイな道路や緑がしっかりと残されている。

 

  • [所感]
着いて二日目にJICAで働く籠田さん、DMMアフリカの一宮さん、
 
アメリカの大学院生で、フィールドワークに来ている狩野さん、大使館勤務の藤本さん、
アメリカのNGOインターン中のたじまさんにお時間を頂き(超豪華メンツ)、食事をご一緒させてもらいました!
 
現地で仕事をしている方たちの話を聞くと、圧倒的に2次産業が弱い。
 
カガメ大統領の政策でもあるけれど、起業家が多いらしく、今までどの国も辿ったことのない発展の軌跡を歩んでいるのがルワンダ
 
大統領の支持率が90%越えで、統制されている可能性は否めないけれど、
 
内戦でボロボロだったルワンダをここまで引っ張ってきた実力は本物だし、
 
いま彼の代わりになるような人材はいないとのこと。
 
ルワンダの大統領選が8月にあり、治安の悪化を心配したけど、
 
カガメの再選はほぼ100%で特に混乱になる可能性は低いらしく、
 
杞憂におわった。笑
 
  • [課題]
 
国土が狭い中で、労働従事者数の7割は農業らしく、産業構造のバランスが心配。
 
その中で如何に一次産業の生産性をあげ、二次産業へシフトし雇用を安定させるか、
 
またカガメ大統領の次の人材を育成するかが重要。
 
そこがはかどらなければ彼が退いたときに再度経済が低迷する可能性が格段に上がるように思う。
 
起業家を育成しても政治基盤や、産業基盤がゆるゆるだと、長い目で見てかなり不安。
 
その点、個人でも参入するチャンスは大きいし魅力的な国。
 
それにしても、いくら不景気と言われても、リーマンショックが起きても、3.11が起きても、
 
大きく揺らがない日本経済はなんだかんだ強いなぁと実感。
 
同じ東アフリカでもタンザニアとは全く違う雰囲気を持つルワンダはめちゃめちゃ面白い国。
 
参入しやすさの1つに治安の良さがあるので、もし夏休み時間がある人はルワンダに訪れてみるのもいいかも。
 
日本食も食べれるし夜でも出歩ける治安の良さはたぶんルワンダくらいかも!